腹筋エクササイズでくびれを実現

手軽に出来る腹筋エクササイズの方法

寝ながら腹筋

  1. 背中と腰をしっかりと付け仰向けに。
  2. 脚をゆっくり持ち上げる。まっすぐ伸ばした状態で持ち上げるのが難しければ、ひざを90度に曲げてもOK.
  3. 脚をゆっくりもとに戻す。完全に床にくっつけず、わずかに浮かせても腹筋に効果的。

椅子に座ったまま腹筋

  1. イスにしっかり座り、脚を軽く浮かせる。伸ばしたり、曲げたりしてもOK。

最初は3回、5回など、少ない回数でもツライはず。腰や背中の負担になるので、無理やり多くやろうとしないようにしましょう。腹筋が鍛えられれば、少しずつ回数が増やせるようになります。

くびれを実現するエクササイズ(10回で1セットを1日2回程度)

女性らしいボディラインの要は、なんといっても「くびれ」。くびれを実現するにはゆっくりと上半身をひねる運動が効果的です。勢いをつけてやると腰へ負担がかかります。足先と下半身はしっかりと前を向き、上半身を左右へゆっくりとひねりましょう。

  1. まっすぐ前を向いて立ち、肩幅に足を開く。
  2. ゆっくりと身体を右へひねる。この時、腰から下は動かさない。ひねりきったら5秒ほど止める。
  3. ゆっくりと身体を戻し、左へひねる。ひねりきったら5秒ほど止める。

ひねるときもゆっくりと動かすことで、腰への負担を軽くします。腕の勢いに合わせて激しくひねったり、足が浮いてしまわないように注意。背骨を伸ばした上半身を「回す」ようにしてひねりましょう。

腹筋を鍛えるためには背中や腰の筋肉、骨盤の働きも重要です。大きくゆっくりと動かすことで、腹筋の周りの腰や、背中の筋肉も刺激されます。腹筋に慣れていないのに、無理やり回数を増やすと腰痛の原因になります。最初は少ししか動かさなくても、かなりキツイと感じられる運動です。少しずつ続けていくことをおすすめします。