骨盤のズレや歪みを直してサイズダウン

骨盤の歪みを矯正することで部分痩せを実現

女性の骨盤は歪みやすい

骨盤は、腰の周りにある大きな骨のつながりです。骨盤は背骨とつながり、内臓を守るために重要な骨。特に女性は、生理周期や妊娠出産の関係で骨盤が動きやすく、ズレや歪みが生まれやすくなっています。また、骨盤が歪むと身体全体が歪み、血液の流れ、筋肉の働きを妨げます。

骨盤の歪みが起きると、身体はゆるんでたるんだ状態になる他、骨盤まわり以外の部分でバランスをとろうとします。

弱ったインナーマッスルがお腹を支えられなくなれば「お腹ポッコリ」に、骨盤の歪みから必要以上に太ももの外や前側に筋肉がつけば「太ももガッチリ」に。骨盤が歪むと、部分痩せとは程遠くなってしまうのです。

骨盤とインナーマッスル

インナーマッスルとも密接な関係にあり、骨盤を支えるには腰や背中、お腹や太もものインナーマッスルの力が不可欠です。

インナーマッスルがしっかりと鍛えられることで、骨盤を支えられるようになりますし、骨盤の正しい位置をキープするようにすると、インナーマッスルも鍛えやすくなります。

骨盤やインナーマッスルといった身体の土台がしっかりすれば、それを巡るリンパや血液の流れもスムーズになり、部分痩せしやすい身体の状態が整います。

姿勢のクセを直そう

骨盤の歪みは、姿勢のクセから来ることが多いもの。同じ方の肩に荷物をかける、片足に重心を置く、脚を組む、横を向いて寝るなど、人には様々なクセがあるもの。自分の姿勢のクセに気づき、その時その時姿勢を正しく保つように心がけることで、骨盤の歪みは次第に調節されていきます。

骨盤矯正が自分で出来る骨盤体操なども、短い時間で簡単にでき、効果の高いもの。自分の姿勢に気をつけながら、骨盤の歪みやズレを治すことで、インナーマッスルやリンパ、血液の流れをよくする重要な助けになり、部分痩せも実現できます。